アコムなら無人機で即日キャッシングが可能!
アコム無人機でその日のうちに借りる!

アコム無人機でその日のうちに借りる!

アコムなら土日祝でもキャッシング可能


>>アコムで3秒診断を試してみる

現在、消費者金融が取り扱っているキャッシングを利用するには複数の申し込み方法が用意されています。どのような方法かと言いますと、消費者金融のスタッフるいる実際の店舗に行き申し込みをする方法。無人店舗に行き自動契約機から申し込みをする方法。電話を使い申し込みをする方法。そしてインターネットを使い消費者金融各社のホームページから申し込みをする方法です。

それぞれ自分に合った申し込み法を選択するのが良いと思います。私が消費者金融のキャッシングを利用したいと考えたときにはインターネットから申し込み手続きを行いました。インターネットを利用しての申し込み法を選べば有人店舗にも無人店舗にも行く手間がかからず、また周囲の目を気にする必要もないので精神的に楽だと思いました。

インターネットを利用した申し込みはアコムに限らず基本的にどこの消費者金融会社も同じなようです。消費者金融会社のホームページを開いて申し込みボタンをクリックして必要事項を記入していくだけです。申し込みに必要な身分証明書も写真を撮ってインターネットで送信するだけです。

パソコンを持っていない方はスマートフォンからでも申し込みができるようになっています。 専用のアプリがありますのでそのアプリを利用して手続きをするだけです。インターネットを利用した申し込みがいちばん手軽で良いのではないかと思っています。

アコムは在籍確認の電話が上手い


キャッシング申し込み時に少し嫌なのが会社への在籍確認です。 私の会社は従業員の人数が少なく、他社から電話がかかってくる事もほとんどありません。 まして私を名指しでかかってくる事など普段は絶対にありません。 なので在籍確認は出来れば避けたいのですが・・・そうもいきません。

しかし、アコムでの借り入れの際は在籍確認時の電話対応が素晴らしく、完全にアコムだとは気がつかれない完璧な電話でした。 あまりたくさんの業者から借り入れした事があるわけではないので比較対照は少ないのですが、その中ではダントツの在籍確認の上手さでした。

他の業者もこれくらい上手ければもっと気軽にキャッシングの申し込みが出来るのになと思うくらいです。 在籍確認で会社や同僚に借り入れが知られたくなければ、私はアコムで借り入れする事をお勧めします。


リスト これから【アコム】無人機に行きますか? 借りられるか3秒診断!24h受付
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
リスト


アコム無人機検索

アルバイトのキャッシング審査とは?


消費者金融が取り扱っているキャッシングのいちばん良いと思うところはアルバイトで働いている者でも利用ができるという点です。キャッシングを取り扱っている金融機関としては銀行が挙げられますがアルバイトで働いている身ですと銀行の審査に通ることはまず無理なのではないかと思われます。その点、消費者金融であればアルバイトまたはパートで働いていたとしても安定した収入がありさえすればキャッシングの利用が可能となります。

審査は行われますが銀行の審査よりも通りやすくなっているようです。その証拠にアルバイトで働いている私でも消費者金融のキャッシングの利用ができています。私が消費者金融に申し込みをしたときはアルバイトでしたが毎月20万円は稼いでいました。そのアルバイト先での勤続年数は6年ほどでした。

消費者金融の審査では勤続年数も考慮されるらしいので勤続年数は長いほうが審査には有利らしいです。

リボ払いで注意すること


リボ払いでキャッシングの返済をしている方は多いと思います。ただ、会社によってはリボ払いの月額の支払いの方法に違いがありますから、お金がぎりぎりの状態でキャッシングを利用している方にとっては注意が必要です。

返済する際に、一定額を毎月支払うのがリボ払いの特徴ですが、その額にリボ払いで発生する手数料が上乗せされる場合と、手数料が一定額の中に含まれている場合の2種類があります。

特に借りている金額が高い方の場合には、手数料が増えて返済が圧迫されることが多くなります。最初のうちには返済に困ることはないかもしれませんが、複数のキャッシング会社を利用していてリボ払いの月額返済額が増えていってしまうと、たった数千円でも死活問題になることもありえます。

キャッシングの返済で絶対に回避したいのが、返済の延滞です。延滞にはさらに利率が高くなった金額の請求がありますから、大変になりますが、それ以上に信用問題に発展することがあります。

延滞が多くなってしまうと、データベースにその情報が残ります。それはキャッシング会社が共有していますから、次回に新しい融資を受けたり、新たな申し込みをする際に審査で落ちる可能性が高まってしまいますので、非常に注意が必要です。

即日は申し込み時間を気にして


指定の口座に振り込んでもらうためには借り入れる金融機関の営業時間以上に、金融機関でお金のやり取りができる時間帯を狙うことが大事です。つまり24時間受け付けているからいつ申し込んでもいいだろうとタカをくくっていると自分の口座にお金が振り込まれず、慌てて窓口まで出向いてお金をおろし、それを振り込む羽目になってしまいます。

一般的に各社ともに14時までの申し込みであれば即日融資に対応するとうたっています。これは銀行の窓口営業が15時までということに基づいたもので、審査が滞りなく進めば、一時間あれば対応してくれます。それを縮めたり、審査にあたって心配事がある場合にはもう少し余裕を持った審査申し込みが必要そうです。

キャッシングは本人確認が求められる


消費者金融などでキャッシングを利用する場合、きちんと本人確認をしなければなりません。本人確認書類の提示が求められているのです。

本人確認に使用される書類は、主に運転免許証となっています。ウェブからの申込をする場合は、本人確認書類を撮影して、所定の方法で送信することになります。本人確認ができない場合、キャッシングを利用することができないため、注意しなければなりません。

キャッシングを利用する際の必要書類は、消費者金融の業者によって異なる場合もあります。利用しようとしている業者に、きちんと確認しておくことが大切です。ただし、本人確認書類が求められない消費者金融はないので、本人確認書類は確実に用意しておかなければなりません。

キャッシングの返済と手数料


キャッシングの返済には方法によっては手数料が発生する場合があります。キャッシングの利率を気にして選んでも、返済の旅に手数料がかかってしまっては結局は損をしてしまいます。手数料がかかる場合とかからない場合とはいったいどんなケースなのでしょうか。

まずは手数料がかからない返済方法についてです。一般的に銀行口座での口座振替では手数料は発生しません。実際にはかかっているのですが、キャッシング会社が負担という形になっており、利用者負担はゼロです。手数料を節約したいのであれば、まずは口座振替を検討しましょう。

さらに銀行系キャッシングではATM手数料無料のところが多いです。コンビニなどでも無料なので、これは大きなアドバンテージといえます。また、無人契約機などに並べて設置されているキャッシング各社の専用ATMも手数料はかかりません。コンビニATMなどよりも場所が限られますが、最寄りにあれば便利です。

手数料がかかってしまう返済方法は主に二通り。コンビニの提携ATMを使う場合と銀行振込で行う場合です。コンビニATMでは一律の手数料が、銀行振込の場合は利用する金融機関に準じた振込手数料がかかってしまいます。特に銀行の方は手数料が高めなので、急いでいる場合でもできればコンビニATMを利用したいものです。

なお、提携ATMであっても、キャンペーンによって一定期間は手数料無料になっていたり、ポイントサービスの利用でATM手数料が無料になるキャッシングもあります。上手に利用しましょう。

キャッシングは自動契約機が便利


キャッシングをするには申し込みをして審査がおりて、そこでようやくお金を借りることができる仕組みです。借りたお金は自分の口座に振り込んでもらうこともできますが、時間帯によっては翌日になったり週末を挟むと3日程度時間がかかってしまう場合もあります。契約したキャッシング会社よりカードを送ってもらい、それを受け取ればATMなどからお金を引き出すことも可能ですが、カードを受け取るまでに1週間程度かかる場合もあります。

すぐにお金を借りたい!という人に便利なのは自動契約機です。自動契約機は申し込みから、お金を引き出すまで全ての作業が可能で、かつ誰にも会うことなく進むので、窓口に行くのは躊躇してしまう人などにとってもとても便利なものです。一番時間面で効率的な申し込み方法はWEBで申し込みをしてしまい、審査が問題ないということであれば、むじん自動契約機に行ってカードを受け取り、そこでお金を引き出すという形です。

当然自動契約機での返済も可能です。ATMなどでは手数料をとられてしまう場合もありますが、自動契約機ならばそういった心配もありません。ただ自動契約機は全てのキャッシング会社がもっているわけではなく、一般的に大手と言われる会社しか持っていないので注意が必要です。

簡易審査の信頼性についての考察


キャッシングを利用しようとなれば審査は避けて通れない道です。審査を通らずしてキャッシングを利用することはできません。

キャッシングを何度も利用しているという人でも審査を受けるとなれば多少なりとも不安があるのは仕方のないことです。その場合に活用したいのがキャッシング会社のインターネットのサイトにたいていある簡易審査のコーナーです。

サイトによっては「3秒診断」や「簡易審査」となっている場合もありますが、名称は違っていても実質的には同じものです。ほとんどが数項目の入力だけでキャッシングが可能かどうかを簡易的に審査してくれるものです。注意書きとして、簡易審査に融資可能となっていても本審査で融資ができないことがあるようなことが書いてありますが、簡易審査で融資可能という診断がなされたならば、本審査においても融資可能となる可能性はかなり高いと考えられます。

少し考えてみればわかりますが、もし簡易審査において融資可能という診断を出しておいて、本審査で多くを融資不可能という結果になれば簡易審査の存在の意味がなくなるからです。 簡易審査にも通らないような人は本審査で通る可能性はありませんから、無駄な申し込みをする手間も省けることにもなります。

独自の基準があるので借りやすい


消費者金融によっては、審査にて独自の基準を採用している事があります。それで他の会社で断られても、無事に融資が実行されているケースもあるのですね。 例えばある大手の消費者金融の場合は、かなり独自の基準になっています。それでお金を借りる事ができている事例も、かなり多く見られるのです。

その金融会社に申し込みをしている方の中には、銀行で断られてしまっている方も見られます。どこの銀行でも断られてしまったので、最終的にその消費者金融で申し込みをしている方々も、非常に多いのですね。 そしてその消費者金融では、そのような方々に対して融資を実行している事例が目立ちます。それが、その金融会社の大きな特徴の1つと言えるでしょう。

なぜそのような事例が生じるかと言うと、審査の基準が異なるからです。独自の審査基準を採用している訳ですが、それは銀行とは観点が異なるのですね。たとえ銀行の審査で落とされたとしても、その会社では特に問題無いケースも目立つ訳です。 それはある意味、消費者金融のメリットの1つとも言えるでしょう。せっかく申し込みをしても、お金を借りる事ができなければ、あまり意味がありませんね。比較的借りやすいケースが多いのは、消費者金融の魅力の1つと言えます。

スマホで簡単なキャッシングの申し込み


スマホやパソコンでキャッシングの申し込みができるようになり、書類の提出がかなり簡単になりました。 今までは免許証のコピーや源泉徴収票などを提出する必要があったわけですが、WEB経由での申し込みの場合には写真で撮ってデータを送るだけで大丈夫になっています。

これは、審査のスピーディさを競い合っている今では当然のことで、「いかに申し込みの手間を省くか」という部分が追求されているため、申し込みをする人にとっては非常に便利になっています。 特にスマホでの申し込みは若い人が活用していて20代くらいのキャッシング初心者の方は、入力手続きが簡単で、書類提出も簡単という要素が魅力的に映るようです。

その日のうちにお金が借りられる即日キャッシングでは、ネットでの申し込みが一般的です。即日で手続きができるのは、審査と申込書類の提出がネット経由で早くできるからこそ実現しているためです。 ちょっとした空き時間にサクサク申し込みができるスマホでの申し込みはこれからも更に進化していくでしょう。

キャッシング審査はどんな人が有利なのか?


キャッシングの審査を受ける際に気になってしまうのが、自分は審査を無事に通過できるだろうかということです。では、どうすればある程度、審査を受ける前に自分で判断することができるのでしょうか。今日は審査を受ける前に自分で簡単にできる自己チェック方法を記したいと思います。

まず、最初にチェックしておくのは収入です。消費者金融、キャッシングの場合には総量規制というものがあります。それは個人の借り入れ総額が原則年収等の3分の1までに制限される仕組みのことです。それで、自分の借り入れ金額が総量規制を超えるものかどうかを比較することが大切です。

次にチェックしておくことは職業、勤続年数です。自分の雇用状況は正社員でしょうか。もしそうなら審査には有利です。しかし、パートやアルバイトであるなら経済的に安定しているとは判断されにくいので注意が必要です。そして、勤続年数も1つの会社が長ければ長いほど経済的に安定している、つまり返済能力があると判断されますので、審査が通りやすくなります。

次にチェックできる項目は結婚しているか、子供がいるかということです。社会的には結婚して子供がいる人のほうが信頼されます。しかし、キャッシングの審査では逆です。なぜなら、結婚し子供がいるということは自分で自由に使えるお金が少ないと判断されるからです。それで審査に有利なのは独身、もしくは結婚していても子供がいない人です。 このように、幾つかの項目を自分でチェックすることで審査を受ける前にある程度判断することができます。

キャッシング審査で必要になる書類とは?


キャッシング審査を通過してサービス提供を受ける為には、審査過程で個人情報を提供する事は必要になります。 氏名やや住所、勤務先等の基本情報は必要ですし、業者側もそれらの提供された情報に虚偽が無いか本審査の中で調査していき、在籍確認等を行っていく事になり、返済能力を認められる事でキャッシング利用が出来る仕組みです。

提供した情報に虚偽や間違いがあると審査は滞ってしまいますし、場合によっては審査拒否される事になりますから、確実に正しい情報を伝える必要があります。 在籍確認のように職場に電話連絡があるのは審査では一般的ですが、回避するには在籍確認が無くても審査対応してくれる業者を選ぶ必要があり、必要資料としては会社名が明記された保険証や給料明細の提示を求められる事もありますから、電話連絡が不要な場合は資料を提示すると良いです。

他にもメールでの連絡出来る環境を整えていて、WEB完結で審査を行う事や、細部のルールは業者毎に違いますし、知人や家族に知られずに審査を進めてキャッシングを行いたい時には必要な要素です。 キャッシングの審査において申し込み者の状況や希望サービスによって、必要な資料は違ってくる事になり、要求されたものを準備する事が大切になります。